銀行等での払戻手続

銀行、信用金庫などで秘湯用となる相続手続きに関しましてご説明させて頂きます。

相続手続きの流れ

1.各金融機関窓口で手続きの申出

2.必要書類の準備

3.書類の提出

4.払い戻しの等の手続き

5.払戻金等の受取り

1.各金融機関窓口で相続手続きの申出

被相続人(亡くなった方)の通帳に記載されている取扱店、または、お取引店で相続手続きの申出をします。窓口では、相続のケースや、取引の内容により、必要な書類や具体的な手続きの方法などを案内してもらえます。

2.必要書類の準備

  • 被相続人の戸籍謄本
  • 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍が必要となります。「全部事項証明書」「除籍謄本」「改製原戸籍謄本」など場合によっては、すべての種類の戸籍謄本が必要となります。

  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人を確認するため、場合によっては、相続人全員の戸籍謄本が必要となります。

  • 各金融機関所定の用紙
  • 各金融機関の所定の用紙(払戻請求書)に亡くなった方の名前、本籍、死亡日等を記入します。

  • 遺産分割協議書
  • 当サイト運営のしんせい行政書士事務所の「遺産分割協議書」をご参照下さい。

  • 預金等の払戻を受ける方の実印、印鑑証明書
  • 払戻を受ける方、又はお手続きをする方の実印、印鑑証明書が必要となります。

  • 相続人全員の印鑑証明書

3.書類の提出

通常、窓口営業時間は15時までのため、時間に余裕を持って銀行等に行かれたほうがいいでしょう。

4.払戻の手続

窓口での手続きとなります。提出した書類に不備がないか確認します。

5. 払戻金等の受取り

払戻金は、通常振込になります。ただ、現金での受取りも可能な金融機関もありますので、窓口でご相談下さい。